2009年07月16日

「エアガンの過去と未来を特許検索で見る?」


今回は、いつもと違うエアガン情報をお送りしよう。


知っている方も多いであろうが、インターネットで

エアガンメーカーの特許を検索することが出来る。

(※全ての特許が公表されているワケではないので注意)


早速だが「マルシン」と「東京マルイ」から特許が開示された。


「マルシン」の特許は、2つのマガジンを使い分けるガスガンだ。

マガジンを変えるだけで、「ブローバック」と

「非ブローバック」が選択できるメカだ。


サバイバルゲームや室内など、状況でマガジンを使い分ける

ことが出来る面白い特許のガスガンだ。


「マルシン」は以前からこのガスガン「ブレンテン」を発表していたが、

どんなメカなのかは発表を控えていた。

「マルシン」が本当に発売するのかどうかは分からない。


△画像はマルシンの非ブローバックタイプのブレンテン△

※マガジンを交換してもブローバックしません!



もう一つの「東京マルイ」の特許は「次世代電動ガン」に関係している。


△画像は次世代電動ガンのAK74MN△


「次世代電動ガン」は反動と発射を両立させた新型のメカボックスだ。


特許はその反動を起こしたり、起こさなかったりと、任意に

切り替える機構を取り付けた事だ。


そんな機能が必要かどうかは大いに疑問だが、

特許は別の形として生まれ変わる事がある。


「マルイ」が実際にその機能を組み込むかどうかは不明だが、

特許とはそういうものだ。

最近は、とりあえず「特許申請」という企業が多い。

特許は取得したものの、製品化されない特許は沢山ある。


特許は過去のものも開示されている。

「MGC」の「シューターワン」なんかもある(笑)


是非、皆さんの目で確かめて欲しい。

きっと新しい発見があるはずだ。


特許検索サイト「ウルトラパテント」はこちら

※「出願人/権利者」の横の空欄にワードを入れてください。


特許検索サイト「特許電子図書館」はこちら

「初心者向け検索」をクリックし、「特許・実用新案を検索する」を

クリックすると「ワード入力画面」が出ます。



ワードの入力は「東京マルイ」や「エム・ジー・シー」

「マルゼン」などの企業名で出来るが、

「岩澤 辰男(東京マルイ)」「小林太三(タニオ・コバ)」

「国本圭一(ウエスタン・アームス)」(敬称略)などの

人物名でも検索出来る。

いろいろと試してみよう。
posted by FOX-CONQUER at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エアガン豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

「東京マルイ 電動ガンの歴史」




ブログ記事の内容は2016年3月に更新しています。


東京マルイがエアガン業界初の電動ガンを発売したのが1991年である。



業界初の電動ガン「FA-MAS.F1」


エアガンを製造する以前の東京マルイは、怪しげなプラモデル(笑)や

ラジコンを販売する二流(三流?)の玩具メーカーであった。


だが東京マルイは、低価格で命中精度の高いエアコッキングガンから注目され、

そして実に4年の期間をかけて開発した革新的な電動ガンを発売した。


当時はハイパワーなエアガンが主流であったが、

その命中精度とメカボックスの信頼性もあり、エアガンファンから

絶大に支持を勝ち得た。


その電動ガンの歴史も、すで25年以上が経過した。


Ver、2のメカボックスのアニメーション


インターネットでは様々な電動ガンの情報が発信されているが、

歴史の古さからか、勘違いが多数見受けられるようになった。


間違った情報を元にカスタムパーツを購入すると、

無駄な出費になってしまう。


そこで、メカボックスのバージョンとモデルアップされた

エアガンの種類、それに独特の特徴を紹介していきたい。


電動ガン名に※印が入っているものは、現在生産休止となっている。

よほどの事がなければ、再生産は無いので注意してほしい。



●スタンダード電動ガンシリーズ●

Ver,1からVer,8まではスタンダード電動ガンと呼ばれている。


●Ver,1(バージョン・ワン)●


画像は「FA-MAS・SV」


電動ガン第1弾は「FA-MAS・F1」である。

その特異な外観もあり、エアガン業界から注目されたものの、

メーカーの知名度の低さやガスガン全盛の時代に発売された為、

当時はあまり売れなかった。


ちなみに他の電動ガンに比べて、ギアの理由で

発射速度が少し早い。


その他にも、ピストンスプリングがへたるかも?という配慮で、

ピストンの停止位置を前進位置に戻すスイッチがあるなど、

いかにも電動ガン第1弾という造りになっている。


マガジン上部のポートカバーを外してHOP調整用ダイヤルが無い

「FA-MAS・F1」は「ホップアップ機能」が無い初期型だ。

現在新品で買える「FA-MAS・F1」は「ホップアップ機能」が

標準装備となっている。


バリエーションに「FA-MAS・SV(スーパーヴァージョン)」がある。


●Ver,2(バージョン・ツー)●

おおまかに分けると3系統あり、バリエーションも多い。

<M16系>



画像は「コルトM16A1 VN(ベトナムバージョン)」


「FA-MAS・F1」で採用されていたピストンの停止位置を前進位置に戻すスイッチが、

特殊なメカボックスの「Ver,4」を除き、この「Ver、2」以降から廃止となる。



「※M16A1」と「※XM177E2」の初期型には「ホップアップ機能」が

無いが、現行モデルでは「ホップアップ機能」が

標準装備になっている。


ポートカバー内部にHOP調整用ダイヤルが無いものは

「ホップアップ機能」が無い初期型だ。


メカボックスを駆動するモーターも、当初は「EG560」が使用されていたが、

よりレスポンスが向上した「EG700」に変更されている。


バリエーションに「※XM177E2」「M16A1 VN(ヴェトナム)」

「※CAR-15」がある。

他にも限定品で。「※M653」と「※M655」があった。


◆「M16A2系」と「M4A1系」は後述する。


<MP5系>


画像は「H&k MP5A4 HG」


「MP5」シリーズには、「MP5A5」「MP5SD5」「MP5SD6」「MP5RAS」

「MP5J(日本仕様)」などがある。

他にも限定品で。「※MP5A4 NAVY」があった。


「MP5A5」と「MP5A4」の商品名の後に「HG」と付くものがあるが、

マイナーチェンジが行われ、モーターや部品の見直しと

金属パーツの多用により、剛性が強化されている。

「MP5J」は「HG」と付かないが、この商品も剛性が

強化されている。

「MP5A5」と「MP5A4」の初期型には「ホップアップ機能」が無いが、

現行モデルでは「ホップアップ機能」が

標準装備になっている。


ハンドガード内部にホップ調整用レバーが無いものは

「ホップアップ機能」が無い初期型だ。


ちなみに「MP5K(クルツ)」と「MP5PDW」はVer、2の

メカボックスでは本体にバッテリーが収納できず、より

コンパクトになったVer,3のメカボックスを使用
している。


<G3系>


画像は「H&k G3 SG/1」


発売当時は7,62ミリのフルサイズライフルという事で話題となった。


現在では多弾数マガジンを生かしたコンパクトなカスタムが主流だ。


バリエーションに「※G3A3」「※G3A4」「G3 SG/1」

「MC51」「G3 SAS」がある。

この中でも「G3 SAS」はモーターが「EG1000」となっている。


他にも限定品で、「※HK51」があった。


●Ver,2改(バージョン・ツー かい)●


本来であれば「M16A2系」と「M4A1系」はVer,2に入るのだが、

メカボックスの一部がカットされ、メンテナンスしやすく

なっているなど違いが見られる為、あえて別項目とした。

それとこのメカボックスをVer,2.5(バージョン・にいてんご)

と、呼ぶ人もいる。



画像は「コルトM16A2」



特徴はモーターが「EG1000」と性能がアップしたにもかかわらず、

細くコンパクトになった。

それによりグリップの太さがA1系と比べるとより握りやすくなった。


その他にもアッパーフレームとバレルの結合部と、

アッパー・ロアーフレーム結合部の強化、

脱着式のキャリングハンドル、レイルシステムで

アクセサリーが取り付けやすくなっているものがあるなど、

時代に合わせたエアガンをモデルアップし、

マイナーチェンジ
もしている。


バリエーションに「M4A1カービン」「M4A1 RIS」

「SR16」「M4 S-SYSTEM」「M733」があり、

限定品で「※M4PMC」と「※ゴルゴ13カスタム」「※M933コマンド」がある。


ちなみにスタンダードの「M4A1カービン」は前期型と後期型の

2種類がある
ので注意が必要で、

「M4 S-SYSTEM」と「M4A1カービン(後期型)」には新型の

ホップパッキンを採用している。


これはちょっとした豆知識だが、アメリカ軍で採用された

「M16A2」は、セミオートとバーストしか付属しておらず、

フルオートは最初から付いていない。

セミオートとフルオートだけのものは「M16A3」である。


●Ver,2HC(バージョン・ツー・ハイサイクル)●



△画像はG3SAS HC ハイサイクル△


こちらもVer,2のメカボックスであるが、専用のパーツが多数

使用されているので別項目とした。


それでは従来タイプの電動ガンと何が違うのかといえば、

「HC」が「ハイ・サイクル」という意味なのだ。


通常の電動ガンはBB弾を1秒間に17発前後発射するが、

「HC」は、BB弾を1秒間に25発前後発射する

システムになっている。


電動ガンの「ハイ・サイクル化」は個人やショップで

カスタムされたものをよく見かけるが、パーツの消耗度が高く、

メカボックスが破損しやすいというデメリットがある。


「マルイ」の「HC」モデルは、メカボックス内部のパーツに

「HC」専用のパーツが使われている。


それはモーター、ピストン、ギア、メタル軸受けなどだが、

その他にも「マルイ」オリジナルのチューニングが施されている。



△画像はMP5A5 HC ハイサイクル△


他にもM4系をHCにした「M4CRW」がある。


●Ver,3(バージョン・スリー)●

Ver,2をコンパクトにした改良型で汎用性があり、系統は多い。


<AK47系>



画像は「AK47」


発売は1994年で、当初は東京マルイの予想を裏切るほどそんなに売れなかった。

だが今ではカスタムの素材として人気がある電動ガンである。


バリエーションに「AK47S」「β-SPETNAZ(ベータスペッツナズ)」がある。


他にも限定品で、「※SPETNAZ(スペッツナズ)」があった。


<MP5系>



画像は「H&K MP5KA4(クルツ)」


バッテリーの収納場所の問題で、Ver,3のメカボックスで設計された。


バレルの長さが極端に短い為初速が低く、遠距離射撃にはあまり向かない。


だが剛性が高く、コンパクトで片手で振り回せるなど

近距離戦闘用として人気が高い。


バリエーションに「H&K MP5PDW」がある。


<SG系>




画像は「SIG SG550 SEALS(シールズ)」


バリエーションに「※SG550」「※SG551」があるが、

この2機種のみ、任意にバーストの発射弾数を2〜7発の間で

設定できる電子制御可変バーストシステムが採用された。


「SG550 SEALS」の実銃はバーストシステムが無い為、

電動ガンも、セミ(単発)、フルオート(連発)となっている。


ちなみに「※SG550」「※SG551」の電動ガンより、

「SG550 SEALS」の方が、剛性が強化されている。


<AUG系>



画像は「STEYR AUG スペシャルレシーバータイプ」


実銃と同じくトリガーの引き方で「セミ(単発)」と「フル(連射)」の

切り替えを行えるのだが、慣れが必要。

バリエーションに「※STEYR AUG ミリタリータイプ」がある。


「スペシャルレシーバータイプ」はストックが黒色で、

「※ミリタリータイプ」はOD色となっている。


<G36>



画像は「H&K G36C」


現在ドイツ軍で採用されている「G36」のコンパクトタイプだ。

東京マルイは「G36K」も販売しているが、

そちらは次世代電動ガンなので、「G36」とはメカボックスが

全く違うので注意が必要だ。


●Ver,3HC(バージョン・スリー・ハイサイクル)●


モーター、ピストン、ギア、メタル軸受けなど専用のパーツを使用し、

Ver,3をハイサイクル仕様にしたもので、外観もマルイオリジナルの

カスタムタイプとなっている。



△画像は「AK47 HC」△




△画像は「ステアーHCカスタム」△


「ステアーHCカスタム」には、ブラックとタンの2種類の

カラーバリエーションがある。


●Ver,4(バージョン・フォー)●



画像は「H&K PSG1」



PSG1はセミオート専用メカボックスなので、

ピストンを後退させたまま停止させる

電磁ブレーキを装備している。

東京マルイの電動ガンのなかでは最大のシリンダー容量

誇るのも特徴だ。

全体的に樹脂部品が使用されている為、剛性が低い。



●Ver,5(バージョン・ファイブ)●



画像は「※UZI サブマシンガン」


ピストンの中をバレルが貫通する独特の構造を持った

特殊なメカボックスだ。

分解するのはとっても複雑で、メカボックスが

樹脂製
なのも特徴だ。


マルシンの電動ガン「UZI」に対抗する為に発売されたのだが、

あまり人気が無く、カスタムパーツがほとんど発売されていないのも

特徴の一つだ。

残念ながら今のところ「UZI」は生産中止となっている。




●Ver,6(バージョン・シックス)●

Ver,3の改良型でトリガーとスイッチの部分がユニットとして

取り外せたり、モーターの位置も角度の変更に対応しているなど、

将来の汎用性を見据えたメカボとなっている。

<P90系>



画像は「FN P90 TR(トリプルレイル)」


銃自体がコンパクトでカスタムすれば静粛性が高く、人気がある。

バリエーションに「P90」があるが、1度マイナーチェンジしており、

ハイサイクル仕様の「PS90 HC(ハイサイクル)」もある。


<トンプソン M1A1>



画像は「トンプソンM1A1」


東京マルイ初のメタルレシーバーを採用したモデル。

東京マルイは「トンプソン」の次に「MP40シュマイザー」を

出す予定であった。

だが「トンプソン」が思っていたほど売れず、中止となった。


●Ver,7(バージョン・セブン)●



画像は「M14 ウッドストックバージョン」


単独のグリップを持たない「M14」に採用されたメカボックスだ。

発射速度をわざと遅くするため「EG700」のモーターを採用している。


バリエーションに「M14 ファイバーストックバージョン」と

「M14 SOCOM(ソーコム)」がある。


●Ver,8(バージョン・エイト)●

Ver,2の改良型で、確実な機械式の3点バーストシステムを搭載している。



画像は「89式小銃」


自衛隊の訓練用として採用され、エアガン業界でも話題となった。

モーターは「89式小銃」専用で、バースト機能に対応した

「EG1000BT」を採用している。

メタルフレームを採用し、補強用のパーツが多数組み込まれる

など、高い剛性
を得ている。


バリエーションに「89式小銃 折曲銃床式」がある。



●次世代シリーズ(じせだいしりーず)●

※マルイでは次世代タイプの正式な呼び名を公表していなので、

メカボックス名は通称。

●NEW Ver,1(しんバージョン・ワン)●

<AK74系>



画像は「AKS74U(クリンコフ)」


反動と発射を両立させた「シュート&リコイルエンジン」と

名付けられ、進化したメカボックスの第1弾である。

バリエーションに、「※AK74MN」「AK102」「AKS74N」「AKS74U(クリンコフ)」がある。

<G36系>


△画像は次世代電動ガン「G36K」△


次世代ではない「G36C」と似ているが、メカボックスだけでなく

ストックの微妙な形状やハンドガード、サイトシステムなどを

リアルに再現している。


マガジンは次世代ではない「G36C」と共通で、これは

ボルトストップ機能を取り付けていないからだ。

バリエーションに「G36Cカスタム」がある。


●NEW Ver,2(しんバージョン・ツー)●

<M4A1系>


▲画像は「SOPMOD M4」▲


マガジン内のBB弾がゼロになると電動メカが停止する。

その後、マガジンを交換してボルトキャッチボタンを押せば

電動メカが復帰するなど、リアルな操作感をもっている

次世代シリーズ第2弾だ。


バリエーションに「M4A1 ソーコムカービン」と「M4A1 CQB-R」

「HK416D」「HK416D DEVGRUカスタム」「レシーライフル」

「HK416C コンパクト」「HK416 デルタカスタム」がある。


ちなみに「M4A1 CQB-R」にはブラックとFDEの2種類の

カラーバリエーションがある。

「レシーライフル」もタンカラーモデルがあるが、

こちらは限定品で絶版となっている。

<SCAR-L>


△画像はSCAR-L(フラットダークアース)△



メカボックスは次世代電動ガン「新Ver,1」の改良型。

カラーバリエーションはブラックとFDEがある。

初期生産タイプはトップレイルの加工不良があったが、再生産されたものは

改修済みとなっている。

バリエーションに「SCAR-L・CQC」がある。

SCAR-L(FDE)のトップレイル加工不良のブログ記事はこちら



<HK417 アーリーバリアント>


△画像はHK417 アーリーバリアント△


メカボックスは次世代電動ガン「新Ver,2」の改良型。


従来型モーターの2倍のトルクを発揮する高出力

「サマリウムコバルトモーター」を採用している。

マガジンは「HK417 アーリーバリアント」専用となっている。

<SCAR-H>


△画像はSCAR-H(ブラック)△


メカボックスは次世代電動ガン「新Ver,2」の改良型。

カラーバリエーションにタンカラーがある。


外観は「SCAR-L」と似ているが、マガジンは

「SCAR-H」専用となっている。


●電動ショットガンシリーズ●

<AA-12>


△画像は「AA-12」△


3発同時発射を可能とした3シリンダーメカBOXを搭載。

トリプル可変ホップアップシステム、東京マルイ初となるFET

(電子スイッチ方式)を採用するなど、意欲的な製品だ。



●電動コンパクトマシンガンシリーズ●

従来のライフルタイプの電動ガンとは異なり、メカボックスを

小型化してより小さいサブマシンガンなどにメカボックスを

搭載する事を可能とした小型電動ガンシリーズだ。


初速は0,5ジュールくらいと低いが、片手で振り回せ、

カスタムすれば従来の電動ガン並みの初速が得られる。

<MP7A1>



▲画像は「H&K MP7A1」▲


<VZ61スコーピオン>




▲画像は「VZ61スコーピオン」▲


<イングラム MAC10>



▲画像は「イングラム MAC10」▲



●電動ハンドガンシリーズ●

長い間ハンドガンのジャンルではガスガンが主流であった。

だが命中精度やブローバックが外気温に影響されるなどの

デメリットがあった。


そんな中、マルイが発売したのが電動ハンドガンである。

ブローバックの動作は無く、初速も0.5ジュールくらいと低いが、

全製品にセミオートとフルオートの機能を搭載し、

外気温に関係無く命中精度が安定している。


<グロック G18C>


▲画像は「グロック G18C」▲


カラーバリエーションにスライドシルバーモデルがある。

<ベレッタ M93R>


▲画像は「ベレッタM93R」▲


カラーバリエーションにスライドシルバーモデルがある

<H&K USP>



カラーバリエーションにスライドシルバーモデルがある。

▲画像は「H&K USP」▲


<ベレッタ M9A1>


△画像はベレッタ M9A1△


<ハイキャパE ガバメントモデル>


△画像はハイキャパE ガバメントモデル△



東京マルイは細かい改善を繰り返し行っている。

最近、新品で買ったものなら別だが、

購入した年代によっては弱点になる部分があるかもしれない。

カスタムする時や、オークションでの質問に活用して欲しい。
posted by FOX-CONQUER at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エアガン豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする