2016年09月14日

「東京マルイがブルパップタイプのガス式ショットガン「KSG」を発売」


東京マルイからポンプアクションのガス式ショットガン「KSG」が発売となった。


△画像は東京マルイのガス式ショットガン「KSG」△



マルイからガス式ショットガンの商品化は「M870」シリーズに

続いて2作目となる。


△東京マルイのガス式ショットガン「M870」ウッドストックタイプ△



マルイの「KSG」は、アメリカのケルテック社(Kel-Tec)が開発した

ブルパップタイプのショットガンを製品化したものだ。


ブルパップとは 、グリップとトリガーより後ろにマガジンや機関部を配置した

方式で、フランスの「FA-MAS」やオーストリアの「ステアーAUG」イギリスの

「L85」などが有名だ。


△画像は東京マルイの電動ガン「FA-MAS」△


長所としては銃身長が長いまま全長が短くなるが、短所はマガジンの交換が

しにくくなり耳元に銃の機関部が配置されるのでうるさくなる。



ケルテックの「KSG」がブルパップタイプを採用した理由は

ショットシェルを収めるマガジンチューブにオリジナルのメカ

「デュアルフィード システム」を採用したからだ。


通常のマガジンチューブ仕様のショットガンはバレルの下のチューブが1本

しかなく、装弾数は5〜6発程度だ。

ケルテックの「KSG」はショットシェルを収めるマガジンチューブが

バレル下に左右2本あり、なんと合計14発の装弾数となっている。


△動画は実銃のケルテックのブルパップショットガン「KSG」△



マルイの「KSG」は実銃の方式は残念ながら採用されておらず、片方の

チューブに実射用のショットシェル、もう片方には予備のショットシェルを

2個収納するようになっている。


△動画は東京マルイのガス式ショットガン「KSG」のPV△




今回のマルイ「KSG」は実銃のケルテック社の「KSG」から

採寸し、外観のリアル感を追及している。。


その他にも・・・・

○可倒式フロント&リアサイトを装備。

○バレル上部とフォアエンド下部に20mmピカティニーレイルを装備。

○複数弾でも安定した精度と飛距離を実現するダブルHOPUP採用 。

○同時発射弾数3発⇔6発切替システム採用。

○脱着式大型ガスタンクは1チャージで100ショット。

○重量は2.9kg。



ショットシェルタイプの30発マガジンは従来のエアコッキングタイプや

ガスタイプと共通だ。




△画像は東京マルイのショットシェル△




△画像は東京マルイの「KSG」 ガスショットガン用 ガスタンク △



フォアグリップやダットサイトなどを取り付けて、

使い勝手を良くしたカスタムが面白そうだ。






posted by FOX-CONQUER at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ガスガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック