2016年03月26日

「東京マルイが次世代電動ガン「HK416C コンパクト」を発売」


東京マルイから次世代電動ガン「HK416C コンパクト」が発売となった。



△画像は東京マルイの次世代電動ガン「HK416C」△



実銃の「HK416」はアメリカ陸軍からドイツの「H&K(ヘッケラー&コック)」社に

「コルト M4カービン」の改修を依頼され、「H&K」がその要求に応えて開発した

その「M4カービン」の独自改良版アサルトライフルだ。




△画像は東京マルイの次世代電動ガン「HK416」△


「HK416C コンパクト」はアメリカやイギリスの特殊部隊から依頼され、

「HK416」をベースに開発されたものだ。


銃身が9インチでストックは伸縮式のワイヤータイプの「HK416C コンパクト」は

「HK416」シリーズの中でも最小となるカービンだ。




その最小の「HK416C コンパクト」を「マルイ」が電動ガン化したのだが、

通常であればハンドガード内やストック内部、バッファーチューブ内部に

バッテリーを収納するのだが、「HK416C コンパクト」はその場所が無い。




△画像は東京マルイ純正 ニッケル水素8.4VミニSバッテリー&New充電器セット △




そこでマルイが採用したのが、マガジン内部にバッテリーを収納する方法と、

ハンドガードに脱着式の窓を作り、レーザーサイト風のバッテリーケースなどを

使用し外装式バッテリーにする2つの給電方法を選択可能とした事だ。



△画像は東京マルイの次世代電動ガン「HK416C」専用マガジン△



△画像は東京マルイ「AN/PEQ-16」バッテリーケース ブラック△




どちらもバッテリーをむき出しにせずに電動メカを動かす事が出来る

見栄えを優先した方法だ。


屋内で撃つのであればマガジン内部にバッテリーを収納する方法が、

サバイバルゲームでの使用や、とにかく撃ちまくりたいのであれば

バッテリーケースを使用してバッテリーを外装式するのがベターだ。


△画像は東京マルイの「HK416」用 82連マガジン△



ちなみにバッテリーを外装式にした場合、マガジンは次世代電動ガンの

「HK416」用であれば「82連マガジン」「520連多弾数マガジン」が使用できる。

その他にも

○ 次世代電動ガン「コルトM4A1カービン」シリーズ

○ 次世代電動ガン「FN SCAR-L」

も全く同じ形状のマガジンなので「HK416C コンパクト」に使用可能だ。



posted by FOX-CONQUER at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 電動ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435673817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック