2015年07月26日

「ライラクスが「攻殻機動隊 新劇場版」に登場するアサルトライフル「シュレーディンガー」を電動ガンとして発売」


エアガンのカスタムパーツを製造・販売する「ライラクス」から

映画「攻殻機動隊 新劇場版」で主人公の草薙素子やバトーなどが

使用するアサルトライフル「シュレーディンガー」が

電動ガンとして発売となる。


△画像はライラクスの電動ガン「シュレーディンガー」のDXバージョン△



「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」は漫画家「士郎正宗」の漫画を

原作とし、1985年に劇場版として公開以降TVアニメ化など映像化され、

最近ではスティーヴン・スピルバーグとドリームワークスが

実写映画権を獲得するなど世界的にも話題の作品だ。



△動画は「攻殻機動隊 新劇場版」のPV△



「ライラクス」が電動ガンを発売する・・・という話は半年前から

告知されていたが、今回の「シュレーディンガー」は

2つの販売形態となる。



○ 電動ガンのメカボックスが組み込み済みで、BB弾を発射

  することが出来るエアガン機能を搭載した「DXバージョン」


○ 電動ガンのメカボックスが入っていない外装のみの

  価格を抑えた「スタンダードバージョン」
 
 (別売りの電動ガン用メカボックスが組込み可能)


この2種類での販売だ。



「DXバージョン」に搭載されている電動ガンのメカボックス及び

「スタンダードバージョン」に組込み可能なメカボックスは

東京マルイ製のコンパクト電動ガン「MP7A1」用のメカボックスだ。



△画像は東京マルイのコンパクト電動ガン「MP7」△




「スタンダードバージョン」と「DXバージョン」共通の特徴は・・・


○ フレーム主要素材:アルミ合金/樹脂

○ 光学機器ダミーパーツ脱着可能(ピカティニー規格レイル搭載)

○ トリガー/ダミーマガジン操作可能

○ ハイダー部の取り外し可能(14mm逆ネジ)




「DXバージョン」のみの特徴は・・・

○ 東京マルイ製STD電動ガン M16/M4系用マガジン対応

○ 東京マルイ製ミニSサイズバッテリー対応


・・・となっている。



「ライラクス」の「シュレーディンガー」はかなりの高額商品だが、

生産数が少ないので注意が必要だ。



△画像はライラクスの「シュレーディンガー」のスタンダードバージョン△


posted by FOX-CONQUER at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電動ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423021080
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック