2014年11月23日

「CAWがハドソンのモデルガン「マッドマックス」のリニューアル発売を企画中」


CAW(クラフト・アップル・ワークス)がハドソン産業が発売していた

水平二連ショットガン「マッドマックス」をリニューアルし、リバイバル発売する。


△画像はCAWのモデルガン「マッドマックス」△



△画像はCAWのモデルガン「マッドマックス」専用シェル△




メル・ギブソンの出世作で、のちにパート3まで続編が製作される事になる

映画「マッドマックス」で、主人公マックスが使用したショットガンを

イメージしてハドソン産業がトイガンとして製造・販売していた。


そのハドソン産業は2010年の3月に惜しまれながら廃業したのだが、

モデルガンやエアガンの金型はタナカ、そして今回そのハドソン産業製の

「マッドマックス」を復活させるCAWなどへと売却された。



△動画は映画「マッドマックス」の予告編△


※3作目の「マッドマックス サンダードーム」から27年ぶりに

 4作目の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が2015年に公開され、

 企画途中だが、6作目まで予定されている。



ハドソンの「マッドマックス」はモデルガンとエアガンがあり、

エアガンはシェル内エアコッキング方式とガス畜気式カートの

どちらも独特なメカを搭載した2種類がある。


ストックもプラスチックと木製、外観の仕上げもメタルフィニッシュと

プラの素材そのまま、そして完成品と組み立てキットがあった。


それと「マッドマックス」の金型を流用し、バレルとストックを

切り落としてない仕様もあった。

※すべての製品が絶版。



△動画はハドソン製モデルガン「マッドマックス」△



今回CAWが発売するのはモデルガンで、ハドソンの金型をそのまま

使用するのではなく改修しての製造となる。



発売日や仕様など、今のところ詳細は不明なのだが、

ハドソン製のトイガンは上級者向け(冒険者向け?)の製品が多く、

今回の「マッドマックス」もシェルのエジェクト不良や不発など

の弱点を抱えており、部品の精度の低さや外観不良が改修ポイントに

なると予想される。


そんなハドソン製のトイガンだが、ハドソンは珍しい銃を製品化する事が

ある意味「お約束」となっている為、実は意外と「ヤフオク!」では

ハドソン製品は高値で取引されている。

「マッドマックス」も「ヤフオク!」で検索すると入札数が多い。


ハドソン製「マッドマックス」のトイガン購入を考えている方は、

CAW製が発売後に実際に手にとって確認してみてはどうだろう。



△画像はジム・グース/アームガード・レプリカ△



△動画は「マッドマックス」シリーズ最新作「怒りのデス・ロード」予告編△


posted by FOX-CONQUER at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | モデルガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック