2014年11月16日

「クラウンモデルが対象年齢10歳以上のボルトアクションライフル TYPE96ジュニアを発売」



クラウンモデルから青少年保護条例をクリアした対象年齢10歳以上のエアガン

「TYPE96 JUNIOR(タイプ96 ジュニア)」が発売となる。


△画像はクラウンモデルのボルトアクションライフル「TYPE96 JUNIOR」△



1発ごとにボルトをコッキングしBB弾を発射するボルトアクションライフルで、

初速を低く設定し対象年齢を10歳以上とした「ジュニア」タイプのエアガンだ。



△動画はクラウンモデルのボルトアクションライフル「TYPE96 JUNIOR」△



「TYPE96」の外観はイギリスのアキュラシー・インターナショナル社の

スナイパーライフル「L96」をモチーフにデザインされているのだが、

ストックはそれっぽいのだが、よ〜く見るとレシーバーの形状などは

オリジナルで、実銃の「L96」と比較すると一回りくらい小さい。



△画像は東京マルイのボルトアクションライフル「L96AWS」△



今回の「TYPE96」のエアガンは同社のクラウンモデルが販売するカートリッジを

使用するボルトアクションライフル「スーパーライフル」シリーズをベースに

「L96」風に商品化されたものだ。



△画像はクラウンモデルの「スーパーライフル U10 ジュニア スコープタイプ」 △



だが、ベースとなった「スーパーライフル」とその派生モデル

とも言える「TYPE96」とは給弾方式が全く異なり、マガジンの形状も

違うので注意が必要だ。



△画像は細長いのが特徴のスーパーライフル専用の25連マガジン△




ホップアップ調整は簡単なダイヤル式で、命中精度はごく一般的なものだが、

アウターバレルはアルミ合金製で、チークピースやパットプレートの

高さなどが調整可能なのはこの価格ではうれしいポイントだ。

バレル先端も14mm逆ネジアタッチメント標準装備はありがたい。

ただ、注意点としてはマウントベースは標準装備だが、スコープなどの

サイト類はオプション(別売り)な点だ。

ダットサイトなどを取り付けても面白いが、やはりロングスコープだろう。


サイレンサーやバイポッド、スコープなど自分好みにカスタム

してみてはどうだろう。





△画像はクラウンモデル 6mmプレミアムBB弾 0.12g 2000発入△



ストックのカラーはO・D(オリーブ・ドラブ)とブラックの発売が

予定されているがピンク色も参考だがエアガンショーで展示されていた。

それと現在は対象年齢を10歳以上とした「ジュニア」仕様のみの発売だが、

今後は18歳以上用の「シニア」仕様も発売が予定されている。


話は変わるが、実はクラウンモデルの「TYPE96」は、タカトクトイスが

30年以上前に販売していた「SS-9000(絶版)」が元となっている。

そこからマルコシの「スーパー9(絶版)」やSUSの「TSRシリーズ」、

クラウンモデルの「スーパーライフル」も派生モデルとして発売されている。


当初は「おもちゃ」として発売されていた30年以上前のエアガンが

今でも形を変え、進化しながら発売され続けている・・・。

時代遅れにならないシンプルな構造が生き残っている理由だろう。

posted by FOX-CONQUER at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エアガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック