2015年09月06日

「MULEがチャーターアームズ ブルドッグ 44スペシャルのモデルガンを発売」


MULEから「チャーターアームズ ブルドッグ 44スペシャル」の

モデルガンが発売される事になった。


△画像はMULEのモデルガン「チャーターアームズ ブルドッグ」チェッカーグリップ△



チャーターアームズ社のリボルバー「ブルドッグ」はアメリカ国内でも

それなりに売れた銃で、一部の警察官がバックアップ(予備用)として

使用していたほどだ。


売れた理由には「性能が良い」というのもあるが、値段の安さが大きく、

チャーターアームズ社のリボルバーは犯罪者が安価で入手可能な銃の俗称

「サタデーナイトスペシャル」として呼ばれているのは有名な話だ。



△画像はMULEのモデルガン「チャーターアームズ ブルドッグ」プレーングリップ△



「チャーターアームズ ブルドッグ」のトイガン化は過去に「カナマル商事」が

ガスガンとして発売していたが、あまり人気が無く、既に絶版となっている。



今回、何故MULEが「チャーターアームズ ブルドッグ」をモデルガンとして

発売するのかというと、あるメーカーのトイガンの為に過去にMULEは

「ブルドッグ」の一部の部品を作った事があるというのも理由だ。


そのあるメーカーのトイガンとは「エルフィン ナイツ」の

「M2019 BLASTER 高木型弐〇壱九年式爆砕拳銃」だ。

※(現在のところ絶版)



動画はエルフィン ナイツのモデルガン「高木型弐〇壱九年式爆砕拳銃」(絶版)



「エルフィン ナイツ」の「M2019 BLASTER 高木型弐〇壱九年式爆砕拳銃」は

「ハリソン フォード」主演の映画「ブレードランナー」で主人公が使用した

特殊なハンドガン「M2019 BLASTER(ブラスター)」を製品化したものだ。



「M2019 BLASTER」はその特殊な外観、そして後にSF映画に多大な影響を

与えた映画「ブレードランナー」の世界観に合致していたという事もあり、

今まで数多くのメーカーがトイガン化してきた。


△画像はエルフィン ナイツのモデルガン「高木型弐〇壱九年式爆砕拳銃」(絶版)△


劇中に登場した「M2019 BLASTER」の外観は本当に特殊で、バレルと

ストックを切り落とした「ステアー」のボルトアクションライフルの

中に「リボルバー」が組み込まれているという映画の為だけに

急遽造られたプロップガンだ。



そのリボルバーこそが今回MULEが発売するモデルガン、

「チャーターアームズ ブルドッグ 44スペシャル」なのだ。


※映画「ブレードランナー」は続編の制作が2016年夏あたりに開始される

予定である事が映画会社から発表されており「リドリー スコット」は

制作総指揮として、そして「ハリソン フォード」も出演する予定だ。



△動画は映画「ブレードランナー」△



MULEはリアルな「ブルドッグ」のモデルガンを実現する為に実銃から

採寸しており、ハイレベルな再現が予想される。


材質はヘビーウエイトでカートリッジは発火を楽しめるように

ダブルキャップ仕様となっており、オプションで

トリプルキャップカートリッジも販売予定だ。



今回のMULEのモデルガン「チャーターアームズ ブルドッグ」の

面白い試み(?)としてだが、分解図が1枚付属するだけとなっている。


業界初だが「You Tube」に「分解・組み立て」の動画がUPされている。



△MULEの公式動画「チャーターアームズ ブルドッグ」分解編△



△MULEの公式動画「チャーターアームズ ブルドッグ」組み立て編△



それと発売に際して様々なデザインのグリップ選択出来る商品形態と

なっているので購入予定の方は注意が必要だ。



画像はMULEのモデルガン「チャーターアームズ ブルドッグ」オーバルプレーングリップ



posted by FOX-CONQUER at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | モデルガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする