2014年04月08日

「エルフィンナイツ・プロジェクトが「デッカードのブラスター」のモデルガンを発売」


エルフィンナイツ・プロジェクトが「デッカードのブラスター」

それも発火タイプのモデルガンを発売する。

「TAKAGI TYPE M2019 BLASTER 高木型弐〇壱九年式爆砕拳銃」が

正式な商品名となる。


△画像はエルフィン・ナイツ・プロジェクトの発火タイプのモデルガン△

△「TAKAGI TYPE M2019 BLASTER 高木型弐〇壱九年式爆砕拳銃」△


※正式な商品名と…書いたのは権利関係の問題があって、記事内では

便宜上「デッカードの…」とか、「ブレードランナーの…」と記述するが、

エルフィンナイツ・プロジェクトの製品名に使われることは無い。

いわゆる大人の事情なので注意してほしい。


ブラスターは、SF映画「ブレードランナー」の主人公デッカードが

使用した架空銃なのだが、そのあまりにも特異な外観の銃に

心を奪われた方も多いだろう。


△動画はTAKAGI TYPE M2019 BLASTER 高木型弐〇壱九年式爆砕拳銃△


デッカードのブラスターは「ステアーSLボルトアクションライフル」の

バレルとストックを切り落としたレシーバー(機関部)にグリップを

取り付けたデザインで、発火使用にする為にレシーバー内部には

「チャーターアームズ社のブルドッグ」のリボルバーが内蔵されている。


△動画は映画「ブレードランナー」の1シーン△



エイリアン2のパルスライフルやスターウォーズのブラスターなど

メジャーなSF架空銃があるが「デッカードのブラスター」はそういった

有名な架空銃の中でも人気と知名度はぶっちぎりで1位だろう。



△画像はエイリアン2のパルスライフル△



△画像はSTAR・WARSストームトルーパーのブラスター△



「デッカードのブラスター」は、過去にはガレージキット、文鎮モデル、

モデルガン、ガスガン、硬質ラバーのデコイモデルと、多種多様な製品として

販売されてきた。


発売したメーカーは、あまりにもあり過ぎて書ききれないが、主なもので…

○エルフィンナイツ
○アドベン
○ハートフォード(HWS)
○ジュピター
○留之助商店

…などがあるが、この倍以上のメーカーが製作しているのだ。

【ハートフォード】M2019チーフスペシャルブラスター

△画像はHWSのM2019、C・Sブラスター△


中でもファンの間では留之助商店のブラスターのガレージキットは評価が高いが、

今回のエルフィンナイツ・プロジェクトのブラスターがどう評価されるかが

興味深いところだ。


△動画は留之助商店のブラスター A・Pタイプ(現在絶版)△


今回のエルフィンナイツ・プロジェクトのブラスターの製造はCAW

(クラフト・アップル・ワークス)が担当し、内蔵された

チャーターアームズのブルドッグ44SPを再現したうえで、外装部品を

加工装着して完成させているのも見どころだ。



△画像はマルシンのガスガン COP357△

映画「ブレードランナー」にも登場する



posted by FOX-CONQUER at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | モデルガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする