2016年12月22日

「東京マルイがエアコッキングタイプのボルトアクションライフル「M40A5」を発売」


東京マルイからエアコッキングタイプのボルトアクションライフル

「M40A5」のODカラーが先行発売となった。


△画像は東京マルイのボルトアクションライフル「M40A5」△


ブラックカラー仕様は来年の2017年に発売となる。


実銃の「M40A5」はアメリカのレミントン社が開発した傑作ボルトアクションライフル

「M700」をベースとし、狙撃用にカスタムされたスナイパーライフルだ。

アメリカ海兵隊が1966年に「M40」として採用し、現在は

最新モデルの「A6」までマイナーチェンジしている。



△動画はマルイのボルトアクションライフル「M40A5」のPV△


東京マルイのボルトアクションライフルは命中精度が良いという事で有名で、

マルイオリジナルデザインで手ごろな価格の「VSR」シリーズは人気がある。


その従来品である「VSR」シリーズなどの内部メカを一新し、

新設計されたメカを搭載したのが今回発売する「M40A5」だ。


△画像はマルイのボルトアクションライフル「VSR」G-SPEC△


「M40A5」の主なな特徴は・・・


○レシーバー、主要パーツの多くが金属製

○マクミランタイプのストックを再現

○チークピースは調整可能

○SFタイプ マズルブレーキはアルミ削り出し

○外観を崩さないBOXマガジン採用

○コッキングインジケーター機構(PAT.P)搭載



△画像は東京マルイの「M40A5」専用マガジン△



購入時の注意点としては、狙う為のサイト類が一切無いのでスコープや

ダットサイトなどの光学機器が別売りとなっている点だ。


やはりここは「M40A5」のようなスナイパーライフルには

ロングタイプのスコープがオススメだ。

posted by FOX-CONQUER at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エアガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

「戦民思想」がマルイのショットガン「KSG」にM16/M4系のマガジンを装着するアダプター「サラマンダーPLUS」を発売。


ユニークなエアガン用カスタムパーツを製造する「戦民思想」から、

東京マルイのガス式ショットガン「KSG」にM16/M4系のマガジンを

装着するアダプター「サラマンダーPLUS」が発売となった。


△画像は戦民思想のKSG用アダプター「サラマンダーPLUS」△


東京マルイのエアコッキング式とガス式のショットガンは、

30連のショットシェルタイプのマガジンを使用している。


30連と言っても「KSG」は3発か6発の同時発射なので、

6発発射モードにすると5回しか撃てない。



△画像はマルイの30連ショットシェルタイプマガジン△



そこで「戦民思想」の「KSG」用「サラマンダーPLUS」を装着し、

M16/M4系の300連の多弾数マガジンを使用すると50回撃てる計算になる。

※200連の多弾数マガジンだと33回だ。







△動画は「戦民思想」のマガジンアダプター「サラマンダーPLUS」△



注意点としては「戦民思想」のマガジンアダプターはマルイのM16/M4系の

スタンダード用電動ガンの純正マガジンを元に製造されている。


マルイのM16/M4系のマガジンは海外製のコピー品が多いので

「戦民思想」のマガジンアダプターに使用出来ない可能性がある。

imgrc0069706628.jpg


「サラマンダーPLUS」を使用すると外観もかなり戦闘的に変わる。


ショットガンはショットシェルやポンプアクションなどの

その特殊性が魅力だが、撃つことに特化させるカスタムも面白い。


posted by FOX-CONQUER at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

「S&Tが「64式小銃」の電動ガンをリニューアルバージョンとして発売」


香港のS&Tから発売されている「64式小銃」の電動ガンが

2016年10月の新ロットからリニューアルバージョンとして

発売される事になった。


△画像はS&Tの電動ガン「64式小銃」△



S&Tの電動ガン「64式小銃」が発売されたのは丁度2年前の

2014年10月だ。

発売当初は「64式小銃」のエアガンはS&T製しかなく、高額で

あるにも関わらず一時期品切れになるほど売れた製品だ。



△動画はS&Tの電動ガン「64式小銃」△



今回の「64式小銃」のリニューアルのポイントは

銃床(ストック)の形状に修正が加えられ、

切換え金(セレクター)が実銃と同じく引っ張って

回す新構造になった。

他にもダミーだが床尾板止めピンが付いた。


リニューアルタイプとなった銃床(ストック)と

切換え金(セレクター)は別売りもされており、

旧タイプの「64式小銃」にも取り付けることが出来る。



△画像はS&Tの電動ガン「64式小銃」の新型銃床(ストック)△



△画像はS&Tの電動ガン「64式小銃」の新型切換え金△



「64式小銃」のエアガンはS&T製しかない。

海外のエアガンメーカーが外観をリニューアルして

発売してくれるのはユーザーサービスとしてはありがたい。


最後に、実銃の「64式小銃」の微妙に曲がった銃床の形状や色の

画像を用意したのでカスタムの参考にしてほしい。

9XGXVHRO.jpg


NO5I25BO.jpg


ZK7TCJT4.jpg


posted by FOX-CONQUER at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 電動ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする